関連情報

本音トーク

改めて、話そう。今までのこと、これからのこと。

目標に向かって頑張っているモリヘア生と、その姿を見守る家族。
何気ないおしゃべりを通じて、それぞれの「ホンネ」をのぞいてみました。

親子のホンネ

夢中になって学んでいる姿に、
成長を感じます。

 お母さん
 平 まき子さん

美容師の先輩でもある母を、
改めて尊敬しました。

 平 愛梨
 (美容科1年/久慈東高校出身)

Q. 美容師の道に進もうと決めたのはいつ頃でしたか?
愛梨さん:
高校生のときです。もともとファッションやヘアメイクに興味があり、そういう分野の職業に就けたらいいな、と思っていました。ほかの進路も考えましたが「やっぱり美容師になる」って。
Q. お母様は美容師をしていらっしゃいますが、愛梨さんの決意をどう受け止めましたか?
お母さん:
うれしいというより、複雑な気持ちでした(笑)。美容師の仕事は楽しい反面大変なことも多いので「続けていけるのかな?」と。でも本人が意思を曲げず「どうしてもやらせてほしい」と言うので、じゃあ応援しようと。
愛梨さん:
美容師として働く母の姿をみて、大変さはわかっていたつもり。でも、それでもやっぱり目指したい、と思いました。
Q. 進学先を「モリヘア」にした理由は?
愛梨さん:
オープンキャンパスがきっかけです。先輩たちが優しく接してくれたり、先生との仲のよさが伝わってきたり。学校の雰囲気がとても明るく、活気があると思いました。いろいろ検討してみたけど「やっぱりモリヘアがいい」と。他の学校より指導が厳しいとも聞きましたが、そのほうが自分のためになると思いました。
お母さん:
職業柄、モリヘアの卒業生の知り合いが多いのですが、その人たちからも学校の様子を聞いて、ここなら大丈夫だろう、と思いました。
Q. 実際に入学してみてどうですか?
愛梨さん:
楽しいです。好きなことを勉強しているから、授業も練習も楽しい。先輩たちがコンクールに向けて練習している姿も、かっこいいなって憧れます。私もあんな風になりたい、だからもっと頑張ろうって思える。
お母さん:
入学式に出席したとき、在校生の立ち居振る舞いがとてもしっかりしていて、技術だけでなく挨拶や礼儀もきちんと教育されているんだな、という印象を受けました。
Q. 親元を離れて一人暮らしをしているそうですね
愛梨さん:
学校提携マンションに住んでいます。最初は不安でいっぱいでしたが、同じ学校の人と一緒だから心強い。今は満喫しています。なんでも自分でやらなくちゃいけない反面、好きな時間に好きなことができるのが楽しい(笑)
お母さん:
モリヘアにも盛岡駅にも近くて便利ですし、セキュリティなどの防犯面でも安心。「ごはんがおいしい」と聞いて、うらやましいです(笑)
Q. 美容師になる、という夢に向かって頑張っているなか、成長や変化を感じますか?
お母さん:
夜遅くまでワインディングの練習をしたり、一生懸命頑張っているところがすごいなって。高校までの愛梨は、そこまで何かに積極的になることがあまりなかったので。「好きなことを学んでいるから楽しい」という言葉を聞くと、成長したなって思います。
愛梨さん:
確かに、高校時代まではそういうモチベーションはなかったかも。うまくできなくて悔しい思いをすることが多いけど、「もっと上手になりたい」という気持ちの方が大きい。好きなことを学んでいるから夢中になれるんだと思います。
Q. 美容師として働いているお母さんを、改めて尊敬したり?
愛梨さん:
はい! 髪を切る前の髪の持ち方など、美容師さんが何気なくやっているような動作も実は技術が必要で、難しいんだなということを実感。お母さんってすごいんだな、って思っています。
Q. 美容師の先輩として、お母さんから愛梨さんにメッセージはありますか?
お母さん:
美容師の仕事にはゴールがなく、常に技術やセンスを磨いていなければなりません。目標を常に持って、成長し続けることのできる人になってほしいと思います。
Q. 愛梨さんからも、これからの目標を。
愛梨さん:
一番近い目標は、来年、理美容甲子園に出場すること。美容師としてのテクニックもそうですが、ネイルなどの分野にも挑戦して、自分の強みを増やしたいと思っています。母も言っていますが、美容師になってからも、練習や勉強はつきもの。積極的にコンクールに出るなど、向上心を持ち続けていたいなと思います。