このページの先頭へ

学校案内

羽ばたく、モリヘア

それぞれの場所で「プロ」として活躍する先輩たち。

キャリアを積むにつれ「人生に寄り添う仕事」だと思うようになりました。

  • 理容師/HAIR MAKE FACTORY IWATE

 仙台の老舗理容店を経て地元・盛岡に戻り、今は理容師をしながら化粧品会社のインストラクター&開発協力にも携わっています。また、介護施設や在宅療養の方々の元に伺い施術する「訪問理容師」としても活動。その経験を通じて得た「これからの訪問理容の在り方」を伝えたいと、2017年には「理容メッセージ 全国大会」に出場。優勝することができました。
 理容師になりたての頃は「カッコイイ」や「キレイ」をつくる仕事だと思っていました。でも、難病や高齢者の方々の元へ訪問するようになってからは「その人の人生に寄り添う仕事」と思うようになりました。「生まれて初めての床屋さん」から、入園・入学、卒業、就職、結婚、またその子どもたちの「初めての床屋さん」…そして訪問理容。これほど長く人生の節目ごとに寄り添い、お手伝いできる仕事は、ほかに無いのではないかと思います。
 理容師になって約20年になりますが、やりたいことはまだまだたくさん。これからもバージョンアップを重ねていきたいです。

トータルケアリスト
瀬川 香織 さん
2000年理容科卒業
岩手県 岩手女子高校出身

「たまたま選んだ」美容師の道。けれど、続けるうちにやりがいに出会った。

  • 美容師/美容室sora IWATE

 モリヘアを卒業後、埼玉県内のサロンで経験を積み、岩手へUターン。8年前には自分のサロンを立ち上げました。
 美容師歴20年以上の私ですが、この道を選んだきっかけは「就職難の時代だから、資格の取れる専門学校に行こう」という、軽い気持ちからでした。そんな私が今もこの仕事を続けているのは、お客様をはじめとする「人と人とのつながり」にやりがいを感じているからです。たまたま選んだ美容師という職業でしたが、その魅力や可能性を知り「この道でいいんだ、進もう」と思えたのは、モリヘアが入り口をつくってくれたから。とても感謝しています。
 美容師の仕事は、楽しいことばかりではありません。でも「続けること」でかけがえのない魅力に出会うことができる職業だと思います。自分のモットーである「素直さ、誠実さ」を大切にしながら、これからも今できる目の前のことを、ひとつひとつ、しっかりやっていきたいと思っています。

サロンオーナー
千葉 喜幸 さん
1997年美容科卒業
岩手県 盛岡農業高校出身

「ありがとう」の言葉を聞くたび、この仕事で良かった!と思います。

  • エステティシャン/printemps CIEL IWATE

 運動部に所属し、将来はスポーツに関わる仕事をしたいと考えていた高校時代。怪我で選手を離れ、マネージャーとしてサポートする側になったとき「自分の手でしてあげたことがこんなに喜ばれ、役に立つんだ」と実感したのが、エステティシャンを目指すきっかけでした。モリヘアで同じ夢を持つ最高の仲間と出会い、先生から「セラピストとしての心構え」をしっかり教えていただいたことは、今も私の支えになっています。
 エステティシャンは、とてもやりがいのある仕事です。自分の技術や提案で、お客様がきれいになっていくのはとてもうれしいですし、「ありがとう」と声をかけていただくたび、この仕事を選んで良かった、と思います。これからも技術と知識を磨いて、もっとたくさんのお客様のニーズに応えられるようになりたい。そして、いつかは自分のサロンを持つのが夢。たぶん、一生エステティシャンしていると思います(笑)。

八重樫 麻美 さん
2007年ビューティーセラピスト科卒業
岩手県 不来方高校出身

手元、足元の美しさと健やかさをサポートし、お客様を笑顔にしたい。

  • ネイリスト/Aoi's Nail IWATE

 モリヘアを卒業後、サロンに就職。今はフリーランスのネイリストとして、自宅で、または美容室を間借りして活動しています。
 ネイリストは、ネイルを施して見た目を美しくするだけでなく、健やかな状態を保つお手伝いもする職業だと思っています。お客様の爪に関する悩みやコンプレックスを解消し、美しくなった手元や足元を見て喜んでいただいたとき、本当にうれしく、やりがいを感じます。モリヘアでの2年間で、技術や基礎知識はもちろん「お客様の体に直接触れる責任」をしっかり学べたこと、そして、お互いを支え合える親友ができたことは、私の財産です。
 最近では、爪や足の痛みをやわらげるケアに興味を持ち、足の健康からトータルな健康へと導く「ドイツ式フットケア」の資格を取得。こちらも少しずつ力を入れていきたいと思っています。そしていつか「ネイルサロン×セレクトショップ×カフェ」のようなお店を持つのが今の夢です。

清川 葵 さん
2013年ビューティーセラピスト科卒業
岩手県 盛岡中央高校出身

人を輝かせ、自信も与えてあげられる仕事に、日々やりがいを感じています。

  • ヘアメイクアップアーティスト/(株)パシャプラス TOKYO

 モリヘアを卒業後、美容師として渋谷にあるサロンに5年間勤務。その後美容業界から離れ、全く違う営業の仕事に就きました。そんなとき、兄の結婚式に出席し、花嫁さんの美しさに感動。「人生のハレの日に、誰かをより美しくする仕事ってすてきだな」と思い、ブライダル事業を手がける現在の会社にヘアメイクとして入社しました。
 ヘアメイクの仕事は、その人の雰囲気に合うスタイルを提案し、求められているイメージにマッチするヘアやメイクを施すこと。お客様の表情がどんどん明るくなっていき「とっても気に入りました」という言葉をいただけたときは、私もうれしくてやりがいを感じます。
 今の私をつくってくれたのは、モリヘアでの2年間。みんな本当に仲が良く、そして良きライバル。コンテストへの出場も積極的で、日々目標に向かって成長することができました。お互いに刺激し合える一生の友達もでき、モリヘアで学んで本当に良かったと思っています。

村田 育美 さん
2012年美容科卒業
秋田県 金足農業高校出身

美容師からスタイリストへ転身。モリヘアでの学びが今の私を支えています。

  • ヘアメイクアップアーティスト/(株)パシャプラス TOKYO

 モリヘアを卒業し美容師になりましたが、手荒れがひどく続けることが難しくなりました。それでも「美容の仕事を辞めたくない」と悩んでいたとき、オーナーに勧められたのがブライダルスタイリストでした。
 ブライダルスタイリストは、結婚式での新郎新婦の衣裳コーディネートを担当する職業。 私は衣裳のスタイリングのほか、ヘアメイク・着付け、そして営業も兼務しています。モリヘア時代、着付けやメイクなど幅広く学べたことが、本当に役立っています。寮生活の中で、アルバイトと勉強や資格取得を両立できたのも、同じ目標を持つ仲間と楽しく頑張ることができたのも、学ぶ環境が充実しているモリヘアだからだと思っています。
 結婚式は、人生の大きな節目。それだけにプレッシャーに悩む時期もありましたが、経験を積み重ねることで自信に変わっていきました。今では、お客様の幸せな時間に立ち会えるこの仕事を、天職だと思っています。

スタイリスト兼
ドレスコーディネーター
伊藤 向子 さん
2004年美容科卒業
秋田県 大館国際情報学院高校出身

資料請求

MENU